東京たまエコセメント工場からの多摩川セシウム漏出を止めたい

多摩川への垂れ流しを止めるために東京都へ陳情します

カテゴリ : kosekome

東京たまエコセメント工場から下水道に廃棄されたセシウムは下水道局で捕捉しきれずに、8月は一日当たり2600万ベクレルのセシウムが多摩川に放出された。
※計算は下記に提示

【今月の考察】
■8月のエコセメント工場からの下水道への廃棄濃度は89ベクレル/kgとなり、7月度と比較すると半分近くに減少しています。ただし今年の2月にも85.4ベクレル/kgという月もあり、その後5月には164まで数値を上げたりもするので、一概に減った、と喜べないところです。

※参考までに計測が始まった2011年7月からの数値を掲載しておきます。(単位Bq/kg)
2013年
8月 89(8月の多摩川への放流水に含まれていた汚染量:2600万ベクレル/一日)
7 146
6 116
5 164
4 112
3 126
2 127
1 140

2012年
12 164
11 203
10 181
9 173
8 221
7 255
6 173
5 281
4 250
3 117
2 193
1 231
この年明けの2012年1月から廃棄に関する特措法が施行された。義務化はされないものの、下水道局から多摩川へ放流する水の測定値を公表すべきという形で1月から数値が発表になった。
下水道局からの放流水の測定下限値は1Bq/Lとなっておりエコセメント工場から333Bq/kg以上の排水があると、下水道局の放流地点で検知される。これで数値が世間に明らかになると周囲の人々は1月の発表を待っていたが、1月のエコセメントからの濃度を見て驚いた。
見て分かるようにエコセメント側からの排水濃度が突然落ち、それ以来333ベクレル以上に上がることはなかった。様々な憶測は立てられるが、結局のところ公表側が恣意的に測定日を決められたり、測定方法を決められるという形では、正しい汚染状況は見られないのではないだろうか
2011年
12 359
11 469
10 376
9 494
8 371
7 678(7月の多摩川への放流水に含まれていた汚染量:1億9千万ベクレル/一日)

2年以上のあいだ、このように堂々と多摩川へのセシウムの放流は続けられてきました。(海水だという理由で東京湾にほぼ同量を放流していた市原エコセメントは2年前から無期限休止状態となっています)

■世田谷議会では汚染についての陳情を議論した議事録が公表されています。
野党の先生方が汚染は確かめるべきといった懸念を示してくださっています。
 (真ん中より下部)

■多摩川上流では市民放射能監視センターのちくりん舎の方々がプロジェクトを組んで多摩川の水・底泥・生物などを順次測定し、これまでに放流された汚染がどの程度河川に残留しているかを明らかにしようとしています。私も可能な限り協力させて頂こうと考えています。

【フロー計算表】

※数字をクリックすると資料が出ます。
25年8月(14日)のエコセメントの下水道への汚染水の放流 は89Bq/L(28.7+60.6)

下水道局・八王子水再生センターの捕捉汚泥を焼却した灰は430Bq/kg(140+290)
(7/31から8/20日)


430÷36(焼却時の濃縮率の逆算)=11.9Bq/kg(脱水汚泥の 放射能濃度) 

下水道局で捕捉できた放射性物質総量
11.9×74,000kg(74t/一日の脱水汚泥量)=880,600Bq
 
本来捕捉しなくてはならない総量
89×300,000L(300㎥/エコセメントからの下水道への一日の総排水量)=26,700,000Bq
多摩川に放流されている一日セシウム量 =26,700,000-880,600=25,819,400Bq(一日の排出総量)

一日の総排出セシウム量 2600万ベクレル


垂れ流し詳細はこちら↓

東京たまエコセメント工場から下水道に廃棄されたセシウムは下水道局で捕捉しきれずに、7月は一日当たり4200万ベクレルのセシウムが多摩川に放出された。
※計算は下記に提示

【今月の考察】
7月の一日のセシウム放出量は4200万ベクレルでした。
多摩川ではたくさんの子どもたちが遊び、バーベキューをやり、魚を釣ったりシジミを取って食べたりしています。夏になって6月よりさらに増加した上流からのセシウム廃棄量(6月は一日あたり3300万Bq/kgでした)を気にかける人もいません。

昨日多摩川のウナギを釣りに挑戦してきましたが、その日はポイントが悪く釣れませんでした。
江戸川では激しく汚染されたウナギが出荷停止になっていますが、多摩川ではそれらの調査すらされず、人々は個人的に釣っては食べ続けています。シジミやテナガエビやハゼも然り。

しっかりと計測して数字を公にし、注意喚起ができればと思っています。
川面を見ている限り三十年前に比べるととても澄んでいてきれいな水です。
これが本当に汚染されているのか。
どうか、地域の行政は一日でも早く水と汚泥の調査に踏み切って欲しいと願います。
(世田谷では懸念を抱き始めた議員さん達が出てきました)

選挙で刷新した都議会にも、新たに陳情してまいりました。
秋の審議で少しでも理解がすすめば、と思います。



【フロー計算表】

※数字をクリックすると資料が出ます。
25年7月(4日)のエコセメントの下水道への汚染水の放流 は146Bq/L(48.4+97.2)

下水道局・八王子水再生センターの捕捉汚泥を焼却した灰は440Bq/kg(130+310)
(7/4から7/19日)


440÷36(焼却時の濃縮率の逆算)=12.2Bq/kg(脱水汚泥の 放射能濃度) 

下水道局で捕捉できた放射性物質総量
12.2×74,000kg(74t/一日の脱水汚泥量)=902,800Bq
 
本来捕捉しなくてはならない総量
146×300,000L(300㎥/エコセメントからの下水道への一日の総排水量)=43,800,000Bq
多摩川に放流されている一日セシウム量 =43,800,000-902,800=42,897,200Bq(一日の排出総量)

一日の総排出セシウム量 4200万ベクレル


垂れ流し詳細はこちら↓

東京たまエコセメント工場から下水道に廃棄されたセシウムは下水道局で捕捉しきれずに、6月は一日当たり3300万ベクレルのセシウムが多摩川に放出された。
※計算は下記に提示

【今月の考察】
夏になり入荷する灰の汚染が若干低くなっていますが、これから秋に向けてまた上昇するのではないかという警戒をしています。

夏休みということもあり多摩川では子どもたちを主体とした様々なイベントが行われています。
一日もはやくこの汚染状況が「東京都がやらないならどこの自治体でもいいので」計測し、危険を喚起し、あるいは安全を確証して下さること期待します。

以下は陳情についてです。

東京都議会は都議選がありましたので今回は廃案となりましたので、本日7/31、再度同じ陳情書を提出して参りました。これで8月には新たな公営企業委員会がこの汚染状況を知ることになります。(通常同じ趣旨の陳情は出来ませんが、選挙の年に限っては二度出すことができます)

また5月に提出した世田谷区への陳情書に関しての報告。
世田谷区議会・福祉保険委員会で陳情書は審査されました。自民・公明の会派は全員不採択。水道水でも川でも放射能が大量に流れていたとしても気にしない方々のようです。区民の安全も。

他の野党会派の方々が随分しっかりと読んでくださり、少なくとも多摩川の汚染は問題だ、という視点を委員会の中で共有してくださったようです。
自民:不採択
公明:不採択
民主:継続
みんなの党・行革110番:趣旨採択
共産:継続
生ネット:継続

行革110番の大庭議員はエコセメント事業自体を止めることは出来ないのか、という問題提起までしてくださいました。ありがとうございます。
(※継続審査とは名ばかりで、実際にはほとんど審査されずに廃案になるものです。しかし不採択という形ではなく継続という姿勢が議員の意思を示していると解釈されています。熟議が必要だという認識は持っているということでしょう)

これで世田谷区がこの汚染を「知らなかった」ということは通らなくなりました。
今後も違う角度からアプローチしていきたいと思います。


【フロー計算表】

※数字をクリックすると資料が出ます。
25年6月(21日)のエコセメントの下水道への汚染水の放流 は116Bq/L(37.4+78.6)

下水道局・八王子水再生センターの捕捉汚泥を焼却した灰は520Bq/kg(170+350)
(6/20から7/2日)


520÷36(焼却時の濃縮率の逆算)=14.4Bq/kg(脱水汚泥の 放射能濃度) 

下水道局で捕捉できた放射性物質総量
14.4×74,000kg(74t/一日の脱水汚泥量)=1,065,600Bq
 
本来捕捉しなくてはならない総量
116×300,000L(300㎥/エコセメントからの下水道への一日の総排水量)=34,800,000Bq
多摩川に放流されている一日セシウム量 34,800,000-1,065,600=33,734,400Bq(一日の排出総量)
 


垂れ流し詳細はこちら↓

東京たまエコセメント工場から下水道に廃棄されたセシウムは下水道局で捕捉しきれずに、5月は一日当たり4800万ベクレルのセシウムが多摩川に放出された。
※計算は下記に提示

【今月の考察】

5月に提出した世田谷区への陳情書、及び東京都への陳情書に関して数名の議員さんからご連絡を頂いた。みなさん一様に現状を把握して驚かれ(ご自身でバックアップもとって)どうするべきかを考えて下さっている。

先日衆議院を通過した環境基本法の改正案は、決定主権が自治体の長から大臣に移行したという点で不安と不満がひしめいていますが、一方で大気汚染防止法と水質汚濁防止法に手が入るらしいことは、多摩川の問題を語る上でも何とか汚染監視義務が生じて欲しい、というのも正直なところ。

また多摩川上流で闘っている日の出町の人々も、下流の人々とネットワークを作って計測できるものはしていこうという方向に動き出しているそうです。

5/27日の世田谷区議会・福祉保健委員会でエコセメント排水からの取水についてが審議され、採択されれば議会で審議されます。事実を知った議員たちが、これをどう扱っていくか。注視していこうと考えています。


※5月の終わりに東京都議会に対して陳情書世田谷区議会に対しても陳情書を提出しました。



【フロー計算表】

※数字をクリックすると資料が出ます。
25年5月(17日)のエコセメントの下水道への汚染水の放流 は164Bq/L(56+108)

下水道局・八王子水再生センターの捕捉汚泥を焼却 した灰は(160+350)510Bq/kg
(5/9から5/24日)


510÷36(焼却時の濃縮率の逆算)=14.1Bq/kg(脱水汚泥の 放射能濃度) 

下水道局で捕捉できた放射性物質総量
14.1×74,000kg(74t/一日の脱水汚泥量)=1,043,400Bq
 
本来捕捉しなくてはならない総量
164×300,000L(300㎥/エコセメントからの下水道への一日の総排水量)=49,200,000Bq
多摩川に放流されている一日セシウム量 49,200,000-1,043,400=48,156,600Bq(一日の排出総量)
 


垂れ流し詳細はこちら↓

東京たまエコセメント工場から下水道に廃棄されたセシウムは下水道局で捕捉しきれずに、4月は毎日5000万ベクレルのセシウムが多摩川に放出された。
※計算は下記に提示

【今月の考察】

フローの専門家の教授がかねてより「春と秋は清掃局の焼却灰の放射性濃度が若干高めにでる」と指摘しているとおり、多摩地区のゴミから出たセシウム・結果として多摩川に流れる分が4月は増加している。171Bq/kg(L)。

これだけの量の排水を「下水放流水」と示して堂々と廃棄している状況を二年も見ているが、何も手が出せないでいる。

少なくとも自分の自治体の議員には知ってほしいと思います。世田谷に限ってはその排水を取り込んで水道水として給水までしている。(もちろんろ膜ろ過などの工程を経ており、高めの基準値はクリアしています)

本当にそれらを飲んで危険がないのか。
国が出す基準をクリアしていれば、他の市原エコセメント工場では操業停止になっているような排水工程を続けていいのか。

5月の終わりに東京都議会に対して陳情書世田谷区議会に対しても陳情書を提出しました。
都議会に至っては秋の新議員さん達に少しでも早く理解し、対応して頂けるように、秋の審議がかかるようにしました。

このページも多くの議会の方に見て頂いています。
私が陳情しているのは知ってほしいからです。知って、それからどうするか、それを考えなくてはならないと思うからです。
危険でないなら危険でないという立証をすべきだし(国や国交省などに要望して河川を徹底的に調査)、その上で河川での子どもたちの夏休み企画などを運営して頂きたい。子どもたちは何も知らず、大人達も何も知らされず、川に流れてくる透明な水に入るのです。

どうか、考えて頂きたい。よろしくお願いします。



【フロー計算表】

※数字をクリックすると資料が出ます。
25年4月(17日)のエコセメントの下水道への汚染水の放流 は171.1Bq/L(59.1+112)

下水道局・八王子水再生センターの捕捉汚泥を焼却 した灰は(400+160)560Bq/kg
(4/11から4/26日)


560÷36(焼却時の濃縮率の逆算)=15.5Bq/kg(脱水汚泥の 放射能濃度) 

下水道局で捕捉できた放射性物質総量
15.5×74,000kg(74t/一日の脱水汚泥量)=1,147,000Bq
 
本来捕捉しなくてはならない総量
171.1×300,000L(300㎥/エコセメントからの下水道への一日の総排水量)=51,330,000Bq
多摩川に放流されている一日セシウム量 51,330,000-1,147,000=50,183,000Bq
 


垂れ流し詳細はこちら↓

このページのトップヘ