東京たまエコセメント工場から下水道に廃棄されたセシウムは下水道局で捕捉しきれずに、4月は毎日5000万ベクレルのセシウムが多摩川に放出された。
※計算は下記に提示

【今月の考察】

フローの専門家の教授がかねてより「春と秋は清掃局の焼却灰の放射性濃度が若干高めにでる」と指摘しているとおり、多摩地区のゴミから出たセシウム・結果として多摩川に流れる分が4月は増加している。171Bq/kg(L)。

これだけの量の排水を「下水放流水」と示して堂々と廃棄している状況を二年も見ているが、何も手が出せないでいる。

少なくとも自分の自治体の議員には知ってほしいと思います。世田谷に限ってはその排水を取り込んで水道水として給水までしている。(もちろんろ膜ろ過などの工程を経ており、高めの基準値はクリアしています)

本当にそれらを飲んで危険がないのか。
国が出す基準をクリアしていれば、他の市原エコセメント工場では操業停止になっているような排水工程を続けていいのか。

5月の終わりに東京都議会に対して陳情書世田谷区議会に対しても陳情書を提出しました。
都議会に至っては秋の新議員さん達に少しでも早く理解し、対応して頂けるように、秋の審議がかかるようにしました。

このページも多くの議会の方に見て頂いています。
私が陳情しているのは知ってほしいからです。知って、それからどうするか、それを考えなくてはならないと思うからです。
危険でないなら危険でないという立証をすべきだし(国や国交省などに要望して河川を徹底的に調査)、その上で河川での子どもたちの夏休み企画などを運営して頂きたい。子どもたちは何も知らず、大人達も何も知らされず、川に流れてくる透明な水に入るのです。

どうか、考えて頂きたい。よろしくお願いします。



【フロー計算表】

※数字をクリックすると資料が出ます。
25年4月(17日)のエコセメントの下水道への汚染水の放流 は171.1Bq/L(59.1+112)

下水道局・八王子水再生センターの捕捉汚泥を焼却 した灰は(400+160)560Bq/kg
(4/11から4/26日)


560÷36(焼却時の濃縮率の逆算)=15.5Bq/kg(脱水汚泥の 放射能濃度) 

下水道局で捕捉できた放射性物質総量
15.5×74,000kg(74t/一日の脱水汚泥量)=1,147,000Bq
 
本来捕捉しなくてはならない総量
171.1×300,000L(300㎥/エコセメントからの下水道への一日の総排水量)=51,330,000Bq
多摩川に放流されている一日セシウム量 51,330,000-1,147,000=50,183,000Bq
 


垂れ流し詳細はこちら↓